テーラーメイド r7

 ドライバーにおける、ゴルファーの悩みの多くは、飛距離ブレ(主にスライス)にあると思われます。

 その悩みを軽減し、安定した飛距離と弾道を確保するためにテーラーメイド r7XR Driverは開発されました。

 ヘッドをルール規制内での、最大サイズの460ccにし、低重心と深重心を確保されています。
 また、大型ヘッドにより慣性モーメントにより、飛距離を延ばします。

 また、大型フェースにより、かなり大きいスィートスポットを確保して、多少芯を外しても、飛距離のロスやブレもかなり抑えられるようです。
 それにより、 ショットの安定性と平均飛距離がアップするようです。

 実際試打してみましたが、とても軽く振りぬきやすいクラブでした。
 クラブ事態のバランスが非常に良かったのも、軽く感じた要因の一つかもしれません。
 ヘッドスピードも、早くなった気がしています。

 トゥ側とヒール側にふたつの可変式ウェイト・カートリッジによって重心位置の調整が可能です。
 いろいろな組み合わせを試して、自分にあったバランスに仕上げることが可能です。

 そうそう先日、飛距離アップにこんな教本を買ってみました。

 ■元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法


 椎間板ヘルニアで、フルスイングができなくなってしまった中年アマチュアゴルファーのドライバー飛距離を、たった28分のレッスンで平均43ヤードアップさせてしまった業界では誰も口にしていない「ある」上達法とは!?

 半信半疑だったのですが、ゴルフのレッスンに通ったと思って、思い切って購入して見ました。

 まだ、始めてからさほど期間はたっていませんが、スライスばかりしていたドライバーがドロー系のボールに変わってきました。
 しかも、非力だからとあきらめていた飛距離も、目を見張るほどに伸びてきました。

 いままでは、書店でゴルフ雑誌を買いあさっていましたが、1000円や1500円の本ではなかなか上達しないのは確かです。
 だって、それで上達したら、世間のみんなプロですからね(笑)

 少し、値段は張りましたが、買って正解でした。
 これで、無駄な時間と雑誌代はもう必要なくなりました。

 そのぶん、この教材での教えを練習場で実践するだけです。

 ■元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法

 この教材の成果は、随時ご報告します。